令和3年 春の全国交通安全運動

実施期間

令和3年4月6日(火)から15日(木)までの10日間

目 的

県民一人ひとりが、自らの交通安全に関する意識を高め、交通ルールの遵守と交通マナーの実践に努めることにより、交通事故防止を図る。

スローガン

安全を つなげて広げて 事故ゼロへ

統一主要行事

行事名 実施日 内 容
運動初日広報
街頭指導の日
4月6日(火) 本運動の開始を広報し、期間中に行われる各種活動への取組意識を高め、県民の交通安全意識の高揚を図る。
通学路安全対策強化の日 4月8日(木) 通学路等において、登下校時間帯を中心に街頭指導や見守り活動を行い、新入学園児・児童生徒等を交通事故から守るとともに、通行するドライバーに対し注意喚起を図る。
交通事故死ゼロを目指す日 4月10日(土) 全国一斉に行われる「交通事故死ゼロを目指す日」に合わせ、交通ルールの遵守と交通マナーの実践を広く県民に呼び掛け、交通事故の抑止に向けた機運の醸成を図る。

運動の重点

1. 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
  1. 歩行者の交通ルール遵守の徹底
    1. 歩行者に対し、横断歩道や横断歩道橋の適正な利用と信号無視や横断禁止場所横断などの危険性を踏まえた交通ルールの遵守を促す広報活動を推進する
    2. 道路横断時に自らを守る安全行動として、「手を上げる・差し出す、運転者に顔を向けるなどして運転者に対して横断する意思を明確に伝えること」、「安全を確認してから横断を始めること」、「横断中も周りに気をつけること」の周知を図る
    3. 歩行中児童の交通事故の特徴、高齢歩行者の死亡事故の特徴等を踏まえた交通安全教育の実施
    4. 安全に道路を通行することについて、日常生活や教育現場における保護者や教育関係者から幼児・児童への教育の推進
  2. 歩行者の安全の確保
    1. 通学路、未就学児を中心に子供が日常的に集団で移動する経路等における見守り活動等の推進
    2. 高齢者自身が加齢に伴って生ずる身体機能の変化を理解し、安全な交通行動を実践するための参加・体験・実践型の交通安全教育の推進
    3. 反射材用品等の視認効果や使用方法等の周知と自発的な着用の促進

2. 自転車の安全利用の推進
  1. 自転車の交通ルール・マナーの周知徹底
    1. 「自転車安全利用五則」を活用した自転車の通行ルール、前照灯の点灯、信号遵守と交差点での一時停止・安全確認等の交通ルール・マナーの周知徹底
    2. 幼児を幼児用座席に乗車させる際のシートベルト着用と幼児二人同乗用自転車について、転倒防止のための利用方法に関する具体的な危険性の周知等、安全利用の促進
  2. 静岡県自転車条例の周知
    「静岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を周知するため、あらゆる広報活動を通じ、自転車の安全利用や自転車損害賠償保険等への加入等を推進

3. 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上
  1. 運転者の交通ルール遵守の徹底等
    1. 交通ルールの遵守と歩行者や他の車両に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って通行する交通マナーの呼び掛け
    2. 横断歩道等での歩行者等がないことが明らかな場合を除き直前で停止可能な速度で進行する義務と横断歩道等における歩行者等の優先義務等の遵守による歩行者等の保護の徹底
    3. 運転者に対し、歩行者等の保護意識の徹底を始め、安全に運転しようとする意識及び態度を向上させるための交通安全教育や広報啓発の推進
    4. 運転中のスマートフォン等の使用等の危険性と罰則強化についての広報啓発の推進
  2. 高齢運転者の交通事故防止
    1. 高齢運転者に対する加齢等に伴う身体機能の変化が運転に及ぼす影響等の安全教育及び広報啓発
    2. 衝突被害軽減ブレーキ等の先進安全技術を搭載した安全運転サポート車(略称:サポカー)の普及啓発
    3. 身体機能の低下等により安全な運転に不安のある運転者等に対する安全運転相談窓口の積極的な周知及び利用促進と、運転免許証の自主返納制度及び自主返納者に対する各種支援施策の広報啓発による自主返納の促進
  3. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトの着用とチャイルドシートの正しい使用の徹底
    1. 全ての座席におけるシートベルトの着用とチャイルドシートの使用義務の周知徹底及びその必要性・効果に関する理解の促進と正しい使用方法の周知徹底
    2. 高速乗合バス及び貸切バス等の事業者に対し、全ての座席におけるシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発の強化
  4. 飲酒運転等の防止
    1. 交通事故被害者等の声を反映した広報啓発活動等による、飲酒運転等を絶対に許さない環境づくりの促進
    2. 飲食店等における運転者への酒類提供禁止の徹底及びハンドルキーパー運動の促進
    3. 自動車運送事業者による点呼時におけるアルコール検知器の使用等、飲酒運転の根絶に向けた取組の実施
  5. 妨害運転(いわゆる「あおり運転」)の防止
    1. 妨害運転(いわゆる「あおり運転」)の悪質性・危険性の周知と罰則の創設等についての広報啓発の推進
    2. ドライブレコーダーの普及促進等に関する広報啓発の推進